あれは確かもう十数年前のことだと思います。
その頃は、まだインターネットもこれほど普及していなくて、そのためかパソコンを購入しても、いまのように簡単にインターネットにつなげられませんでした。
説明書を読みながら、セットアップをするのですが、これが昔はやたらと難しかったのです。
もっとも、今が簡単になったということでしょうか。
しかも、その当時、フレッツではなく、ダイヤルアップだったので、インターネットを使えば使うほど電話料金がかかりました。
新しいパソコンを購入した時、このセットアップに時間がかかり、夜通し説明書を見ながらやったおかげで、やっとインターネットができるようになったのは良かったのですが、思わぬ通知を受け取ることになりました。
その通知というのが、NTTからのもので、確か「いつもより何倍もの電話料金がかかっているので不正使用されている疑いがありますから気をつけてください」といった内容の通知でした。
その時は、そんなに何倍も電話料金をインターネットで使ってしまったのか、きっとセットアップした夜のことだと思ったものの、なんとかなるだろうという軽い気持ちでいたのですが、いざ電話料金の請求が届いてみると、なんと電話料金がトータルで7万円ほどになっているではありませんか。
もちろん、そんな金額をすぐに支払えるはずがありません。
null少しくらいのお金はあったものの、7万円の電話料金をすぐに支払えるくらいの金額はありませんでした。
それに、電話料金を支払ってしまうと、その後1か月の生活費がなくなってしまいます。
思い悩んだ末に、消費者金融でお金を借りることにしたのですが、消費者金融に申し込んでもすぐにお金が借りられるかどうかが心配でなりませんでした。
ところが、案じるより産むが易いといいますが、審査もすぐ通り、借りたい金額をすぐに借りることができました。
ものの1時間もかかっていなかったと思います。
それで電話料金を支払い、生活費も工面でき、本当に消費者金融で借りられて良かったです。